10/6 牡羊座満月

ホシスミです。

明日6日の3:40

月は牡羊座にて満月となります。

満月図はこちら↓

月の位置は牡羊座。

第7ハウスにありますが、

第8ハウスとの境界線の上にあるようにも見えるくらい、

第7ハウスの終わりの終わり の位置にあります。

満月=達成・完成のタイミング

ですが

第7ハウスの終わりにあるというのが

またさらに

終わり=達成・完成

を意味しているように見えます。

第7ハウスというのは

天秤座を表す場所でもあります。

これでピンとくる人もいるでしょう。

天秤座といえば

昨年9月から1年間

拡大・増幅の星、木星が位置してきました。

来週10日には

木星はこの天秤座を出て、蠍座へと歩みを進めます。

第7ハウスの終わりで

月が満ちる(満月になる)のは

この木星天秤座時代が

ここでゴールを迎える

そんなホロスコープなのです。

この1年間の

人間関係におけるゴール(到達点)であり、

またそれは

成長した自分を見るような時。

第1ハウス、乙女座では

男性を表す火星と

女性を表す金星が

コンジャンクション(0°)でぴたりと重なっています。

この満月は

男女の関係性においても

深い意味があるようですね。

木星が天秤座に位置したこの1年間では

パートナーシップにもスポットが当たっていたので

新たな出会いがあった人・恋人ができた人・結婚した人…

多かったはずです。

かたや一方では、

別れの道を選んだ

というケースもたくさんあったのではないでしょうか。

パートナーシップがクローズされる時期というのは、

それについて考える機会・変化する機会が多いということ。

共に歩むことも

離れていくことも

どちらも間違ってはいませんし

どちらかが幸せで、どちらかが不幸

ということもありません。

私達が生き、成長するためには

必ず、自分以外の誰かの存在があります。

人との関わりで学ぶことの大きさ

それを思い切り肌で感じた1年だったのではないでしょうか。

その1年がそろそろ終わりを告げようとしているのですが

何もかもが終わるわけではありません。

きちんと残るものもありますし

続いていくものもあります。

そして今は

「蘇る」ものもあるでしょう。

火星&金星とトライン(120°)をとるのは山羊座に位置する冥王星。

「今週の星の動き 10/2〜10/8」

でもご紹介しましたが

冥王星のトラインは「修復力の強さ」を感じさせます。

復活する

そんな関係性もあるでしょうし

過去を昇華できるような

出来事もあるかもしれません。

誰かの存在を通して

自分というものを再確認するような。

この冥王星は月とスクエア(90°)を組んでいて、これを考えると

なかなか心揺さぶられるような出来事も

多いようですね。

「最後の最後で、そう来るー⁉︎」みたいな…。

ちょっとなんだか楽しみです。

十五夜は満月の2日前、10月4日でしたが、6日もまた美しい姿を見せてくれますように。

新月ブログ・満月ブログ恒例の

12星座別のテーマですが

「今週の12星座 10/2〜10/8」 

集約されるなぁと思いましたので、省略します。そちらのブログをご覧いだけたと思います。

それでは、素敵な満月を

お過ごしください。

【お知らせ】
Twitter・Instagramでは
このブログ情報に加え、星の動きを見て感じるつぶやきをほぼ毎日配信中
お気軽にフォローしてください。

Twitter→@hoshino_kasumi
Instagram→@hoshinokasumi
Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    天秤座です。喧嘩して1ヶ月ほど別れていた牡羊座の彼と仲直りし、また付き合いだしたのが去年の木星入りの日でした。
    すでに長く付き合っていたし仲直りもちょうど当日だったのでこの相手は本物なんだろうと思っていましたがこの夏にまた喧嘩し、それがきっかけで先日別れることに…(^_^;)
    先日もお互い冷静に話し合えてはいなかったので残念なのもありますが、この1年はなんだったんだろうとも思ってしまいます。試験期間みたいなものだったのかな?
    この満月シーズンに蘇ってくれたらなぁと少し期待しています。

  2. より:

    ちなみに月星座は私は牡牛座で、彼は水瓶座です。
    やはり月星座の影響も大きいのでしょうか。

    • hoshino-kasumi より:

      麦さま

      はじめまして、ホシノカスミです。
      先日は、コメントありがとうございました。

      その後いかがお過ごしでしょうか。
      メッセージをくださった頃はちょうど牡羊座と天秤座の方にとって、特にインパクトの強い星まわりだったと思います。

      また昨年秋からの木星天秤座時代は
      特に牡羊座の方にとっては、パートナーシップにスポットがあたり、自分と相手というテーマから学ぶことがたくさんある時間帯でした。

      月星座ももちろん絡んできますが、基本的には女性のほうが強く出やすいです。
      (もちろん男性も月星座が強く出ているホロスコープをお持ちの方もいらっしゃいますが)

      ちょうど復活の流れが強く出る時期でしたが、そこで復活しなければダメなのか、というわけではないはずです。

      逆にここからの関係性はかなり深く、一緒にいるのであれば、どこまでもとことん付き合うような星まわりです。
      そうなることを望むか望まないかも、人それぞれですし、どちらも間違ってはいません。

      麦さんにとって、幸せな道へ進まれることを願います。
      毎日が輝きますように。