10/31 蠍座新月

ホシスミです。

10/31は

蠍座で新月になります。

週間星占い 10/31〜11/6

でチラッとご紹介しましたが

今回の新月は

仕事や経済面での

新たな支柱を確立するのにいいタイミング。

これには理由がいくつかあります。

まず新月が蠍座で起きるということ。

蠍座は「財」を意味するサインでもあります。

もともと持ってる財というよりは

後から手にするほうの意味が強いです。

そしてぴったり新月になる

10/31 2:38

太陽と月は第2ハウスに位置しています。

第2ハウスとは「所有」の場所。

これは金銭的なことも意味に入ります。

さらにこの新月にアスペクト(角度)を組む星たちを見ると

まず「情報」「コミュニケーション」の星、水星がほぼぴったりコンジャンクション(0°)

「夢」を意味する海王星がトライン(120°)という調和的アスペクト。

この海王星は第6ハウスに位置しますが

第6ハウスとは「仕事」「役割」を意味する場所。

「過去世からの繋がり」を意味するドラゴンヘッドはこれまた調和的なセクスタイル(60°)をとり、

「スピリチュアル」的意味の12ハウスに位置しています。

…とここまででなんとなく

イメージ繋がりますか?

この新月前後で

始めること

出会うもの

出会う人は

きっとあなたに深いご縁のあるもので

今後のあなたに大きなものをもたらしてくれる。

それは

「財」と書きましたが

単純にお金かもしれませんし

価値のある品物かもしれませんし

「人財」そう、人かもしれません。

(人材でなく人財なのです)

いずれにせよ

プライベートというより

仕事を通じての手にするイメージが強いです。

ただ待つのではなく

動いてこそ得られます。

何かスタートさせたいこと、新たな一手を考えているのなら

ぜひこのタイミングに。

あ、しつこいようですが

今回の新月には

対立したり調整を要するハードアスペクト

スクエア(90°)・オポジション(180°)・インコンジャクト(150°)を組む星などはなく

いわば、遮るものがありません。

イケイケドンドン状態!笑

これもなかなか珍しいことなのです。

image

スポンサーリンク
スポンサーリンク