10/10 木星蠍座入り

ホシスミです。

もうまもなく

木星が蠍座へ移動します。

このところ、ブログやInstagram、twitterでさんざん書いてて

しつこいようですが…(笑)

それだけ重要な、年に1度のビッグイベントなわけです。

本日、10月10日 22:21

木星蠍座入りのホロスコープ(東京)です。

最近のブログで何度かお伝えしておりますが

蠍座=ディープ なサイン(星座)です。

天秤座が「広く浅く平等に」だったのに対し

蠍座は「狭く深く」なり、平等という感覚もまた、全く異なってきます。

天秤座では平等がいいことでしたが

蠍座は平等であることを正解とはしません。

むしろ間逆。

コレ!と決めた対象に

どこまでも深く、とことん関わる。

良いところも悪いところも

建前も本音も

全て受け止め合って溶け合っていく。

こんなことを

誰に対してもやっていたら

とてももちませんね。

だから、コレ!と決めた対象に、

なんです。

平等であろうとなかろうと

それは重要なことではなくなってきます。

むしろ

ここからの1年は

誰にでも一緒であることは

ナンセンスとされる流れ。

自分にとっての特別を持っていること、

それについて深く掘り下げていること

のほうが「本物」とされます。

世の中の「プロ」と呼ばれる人達は皆

その世界にどっぷり身を置いて、その道を深く深く追求することで

「本物」になっている。

その感じが蠍座の世界です。

ある意味、この木星蠍座時代では

「本物」がぐっと表に出てきて

そうでないものは消えていく可能性も。

おっと…

ホロスコープを載せておきながら

全く触れていませんでした…笑

木星は第4ハウスにて蠍座入り。

第4ハウスは家庭や家族、ルーツや心の奥底を表す場所になります。

ホロスコープの中でいちばん「深い」場所。

もーどんだけ深いの、これからの1年は。

といった印象。

火星と土星がタイトなスクエア(90°)を組み、

土星の対岸(180°)には月。

火星・土星・月で柔軟宮のTスクエアを形成。

いくら、コレ!と決めたからといっても、自分と違うものをとことん理解し、溶け合うというのは

簡単なことではなく、労力と気持ちの負担もあるようです。

状況を読んで柔軟に対応するスキルを育てていけるとも言えるでしょう。

それと「腹をくくる」みたいなイメージが湧きます。

木星が天秤座や蠍座にある時期は「結婚」もテーマになると言われています。

そうする人も多い時期。

生涯のパートナーを決めるのですから、腹をくくるというのも頷けます。

ただ、蠍座の時期のほうが「結婚という制度」にはこだわらないケースも多いですが…

あくまで心と心が深い場所でつながっている、夫婦という名ばかりでない、本物のパートナーシップを求めるのが蠍座ですから。

そして少し先になりますが

この木星蠍座時代(2017年10月10日〜2018年11月8日)には

2つ、大きな星が移動します。

土星(2017年12月20日に山羊座へ)

天王星(2018年5月16日に牡牛座へ)

です。

ここでまた流れかガツンと変わって行きますが

イメージとしては

どんどん重みを増してくる

といった感じです。

現実的で、ちょっとしたことでは動じない…

大きなコア(核)が出来てくるでしょう。

長くなりましたね。。

木星蠍座時代、

神秘的で大人っぽく、ちょっとセクシーに。

情熱は明かすより秘める。

でも特定の人には本当の自分を見せて、

そして何事も「本物」であることにこだわる。

そんな過ごし方がいいのではないでしょうか。

木星=拡大・増幅の星

古来の占星術では、幸運の星と呼ばれていました。

木星のパワーをたくさん受けて

皆さんの毎日が

素敵に輝きますように。

【お知らせ】
Twitter・Instagramでは
このブログ情報に加え、星の動きを見て感じるつぶやきをほぼ毎日配信中
お気軽にフォローしてください。

Twitter→@hoshino_kasumi
Instagram→@hoshinokasumi
Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク