9/23 秋分の日

ホシスミです。

23日は秋分。

太陽が天秤座の位置へ移動します。

何度がお話をしていますが

占星術的には、1年のスタートは春分(今年は3月20日でした)。

そこから半年経った秋分は

今年の後半戦のスタートです。

秋分図はこちら↓

東京での図です。

時間は朝の5:02、第1ハウスにて

太陽が天秤座入り(秋分)。

第1ハウス=誕生・自分自身を表す場所

この秋分あたりを境に

新たな自分が誕生すること意味します。

月はこのとき蠍座。

蠍座といえば、10月10日に木星が入るサイン(星座)。

こちらも

もうすぐ新しい1年がはじまるよ〜と

月もお知らせしてくれているようです。

水星と冥王星がトライン(120°)

火星と海王星はオポジション(180°)を組み

既存の枠にハマらない、スケールの大きさを感じさせます。

秋からの新しい自分は

小っちゃくまとまってる場合じゃない

というメッセージのようです。

大きいだけでなく深いこと

木星が蠍座へ入ると

「深さ」がテーマになってきます。

そして

「真」であること。

真実・真理・本物 …

ちょっと話が先に行き過ぎました。

秋分の時点では

まだ木星は天秤座。

太陽も天秤座。

ここから2〜3週間は

昨年秋からの1年間の

集大成の時間帯です。

この1年間、そして半年間を振り返り、どうだったか

まとめておくのもいいでしょう。

そして10月10日以降

「真」と「深」の世界へと

歩みを進めていく。

まとめと準備の秋分になりそうです。

【お知らせ】
Instagram・Twitterでは
このブログ情報に加え、星の動きを見て感じるつぶやきをほぼ毎日配信中
お気軽にフォローしてください。
Instagram→@hoshinokasumi
Twitter→@hoshino_kasumi

スポンサーリンク
スポンサーリンク