12サインについて【蟹座編】

ホシスミです。

12サインシリーズ。

前回から少しあきましたが

第4弾

【蟹座】

女性星座/活動宮/水/4/ルーラーは月/胸・胃

太陽が位置するのは、毎年夏至(6/22ごろ)から7/22ごろまで(その年により何日か変わります)

夏至。

1年でいちばん昼が長い日

この日が蟹座のスタートです。

占星術において

太陽と同じくらい重要視されている月。

その月をルーラー(支配星)に持つ蟹座。

月が示すのは内面・感情・母性・女性性…などですが

月の影響を強く受ける蟹座は

とにかく感情豊か。

毎日少しずつ姿を変える月のように

あらゆる感情が移ろいゆくのです。

12星座1の繊細さ。

水の星座だけあって

形にならない水のように変幻自在。

そして

止めるものがなければ

ありとあらゆる場所を濡らしていく。

浸み渡り、流れ、満たしていく。

溶けて、馴染んで、ひとつになる。

異質なものさえ

水に混じって溶けてしまったら

いつかその形はなくなり

水と一体化していく。

そう、蟹座の世界は

あらゆるものへの共感と一体化。

自分の世界の中へ入った対象を

頑なに守ります。

水×月というと、優しいイメージですが

それだけではなく

蟹座は活動宮の星座。

自ら動くパワフルな星座なのです。

ここに母性を感じます。

母親が我が子を命懸けで守るように

蟹座が自分の世界のものを守るパワーは

かなり強いのです。

逆に別世界の対象には

厳しかったり

初対面からいきなり心を開くのは

かなり珍しいかもしれません。

人見知り、というよりは

無意識のうちに

敵なのか味方なのかを

探ってしまうのです。

それもまた

蟹座の持つ母性ゆえ。

例えば動物の世界では

外敵から子どもの身を守るために

相手が敵なのかを判断する必要があります。

動物と比べて

人間の世界においては

いきなり命を狙われることは

かなり少ないと思いますが

蟹座の世界の中には

それが根付いているのです。

ネイタルチャート(生まれたときのホロスコープ)で

太陽・月・金星の

いずれかの星が蟹座に位置する人は

この傾向があるように感じます。

そして小さく可愛らしいものを愛する

気持ちが強いように思います。

傷つきやすいぶん

蟹座の特徴を持つ人と仲良くなるには

まず共感してあげること。

受け止められてると思うと安心してくれ、

一度仲良くなれば

長きにわたり関係を大切にします。

繊細で優しく、母の強さを持つ

そんな蟹座は

極めて女性的な

そんな美しい世界を持っています。

12サインについて

は、

【獅子座】へ続く

image


スポンサーリンク
スポンサーリンク