今週の星の動き 6/18〜6/24

ホシスミです。

今週の星

こんな感じです。

①水星・木星・海王星による水のグランドトライン

②19日 海王星が逆行を開始(〜11/25)

③21日 太陽が蟹座へ移動(夏至)

①水のグランドトラインは今月のはじめにもできていました。

(こちら に書いてます)

その時は金星・木星・海王星の3星で作られていて、非常に優しく甘く愛情深く・・・ロマンチックで癒されるけど、ちょっとだらしなさというか、どこまでも甘〜い感があったのですが、

今回は水星・木星・海王星

前回よりもやや知性を感じる組み合わせです。

とはいえ「水サイン」(蟹座・蠍座・魚座)で作られる三角形なので

「感情」「愛情」と非常に関わりが深く、枠がなければどこまでも広がり浸透していく水のように、

私達の気持ちや愛もまた大きく膨らんでいきやすい時であります。

ここに知性やコミュニケーションを司る水星が入っていますので、

気持ちを言葉にして伝える 

ということもテーマになってくるでしょう。

自分は「言わなくてもわかるだろう」と思っていたことが

相手にとっては「言ってくれなきゃわからないよ」みたいなことって

よくあると思うのですが

「感じるもの」とか「思い」とか、形のない曖昧なものを

「言葉」というはっきりしたもので理解できたら

移ろいやすい繊細なものが、今より強いものになっていけるんじゃないかと思います。

火星と金星がオポジション(180°)を組んでいますので

特に男女間において

気持ちを言葉で相手に伝える

そんな場面が増えてきそうですね。

②海王星の逆行

トラスンサタニアンと呼ばれる

天王星・海王星・冥王星は

遠くにある天体で、かつ逆行期間も長いため

個人の生活において

いきなりガラリと変わったり、ダイレクトな影響というのはそんなに強くありませんが

ホシスミ的経験と統計によると

この時期ってどうも

本来求めていることとは違うことに夢中になったり  とか

いつもの自分だったら選ばないものを選ぶように感じます。

海王星が司る「夢」が逆行により

本来とは違う形で作用するんだと思います。

もちろん、ちょっと違う方へ行くのは悪いことではありません。

だいたいは

逆行が終わる頃には

またもとの本来の方へ戻ってくるはず。

寄り道したからこそ見える、本来の良さ…みたいな。

そういうパターン、多いです。

③夏至

最後になってしまいましたが

こちらが今週1番のイベントです。

春分・夏至・秋分・冬至は

1年を3ヶ月おきに4つに分けてくれていて

占星術の世界では

太陽がそれぞれ、牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座へ移動する日でもあります。

この4つのサイン(星座)は活動宮と呼ばれ、

物事を動かす力・発足させる力が強いのが特徴です。

春分(今年は3/21でした)からはじまった3ヶ月間を経て

ここへきて

このまま続けていくのか

軌道修正するポイントはあるのか

全く別な方向を目指すのか

何らかの動きがあったり、考えるきっかけが起きたり。

そういう時期になっていますよ。

特に今回の夏至

土星とオポジション(180°)

天王星とセクスタイル(60°)の

「調停」を組むので

重々しかったことに突破口を開けるような

面白い流れになるかもしれませんね。

キーは「これまでと違う感覚を持つこと」



それでは

よい1週間をお過ごしください。

【お知らせ】
Twitter・Instagramでは
このブログ情報に加え、星の動きを見て感じるつぶやきをほぼ毎日配信中
お気軽にフォローしてください。

Twitter→@hoshino_kasumi
Instagram→@hoshinokasumi
Instagram

スポンサーリンク
スポンサーリンク