週間星占い 9/12〜9/18

ホシスミです。

今週は週明け

太陽と逆行中の水星が乙女座で重なります。

このコンジャンクション(0°)は、
まるで逆行中の水星に太陽が光をあてるような、
そんなふうにも見えます。

水星逆行は、コミュニケーション・通信・交通などにおいて滞りが生じたり、

やり直し・見直し・過去への遡りなどがテーマとされ、

スムーズに進まない感じが、ちょっと嫌がられたりするイメージもあります。

ですが、そもそもスムーズでないことは
悪いことではないのです。
つい疎かにしてしまう確認作業の大切さを再認識したり、

過去との繋がりが持てる期間、
と捉えることができるでしょう。


失くしものが見つかったり、

懐かしい人にばったり会ったり…

そんな素敵なサプライズを仕掛けてくれるのもまた、水星逆行のいいところでもあります。
オウンサインである乙女座での逆行。

太陽が光を当てることで

そんな懐かしく嬉しい何かに出会えるかもしれません。


そして今週のビッグイベントがもうひとつ。

17日の魚座満月(月食)です。


先日の日食に引き続き、

今回は月食となるわけですが、

魚座の24°、魚座最終度数に近いというのは
終焉に近いことを意味します。

(各サインは約30°ずつに区切られます)


12サインは時に人の一生に例えられます。

牡羊座で命が誕生し、魚座でその一生が終わる。

魚座の最後は
もうまさに最後の最後の瞬間を意味します。

そして今回の月食

人間関係・パートナーシップを司る、第7ハウスで起こります。
終焉を迎えると言ったら大袈裟かもしれませんが、

少なからず、そういう局面にいる人も多いのかもしれません。

特にここ最近の星まわりは、人間関係・パートナーシップについて何か訴えるような、そんなメッセージを感じます。

先日木星が入った天秤座のテーマもまた同じですし。


例えば
ここで一旦終わりを迎える関係性があるかもしれませんが

それは次のステージへ進むために必要なこと。

ただ終わる、というより、今の関係性が完成し、新たなものを築くきっかけになる。

そんな感じがします。

生まれ変わる、その一歩手前。

ひとつの物語の完結です。


それでは
よい1週間を。

image

スポンサーリンク
スポンサーリンク