週間星占い 9/19〜9/25

ホシスミです。

先週の週間星占いで

水星逆行について書きました。

週はじめ、逆行中の水星と太陽が重なることで、

そこに光が当たる、と。

まさに…

そんな出来事がありました。

ちょうど先週はじめ

旅行から帰るフライトがありました。

そこでなんと

私の席のモニターが故障(?)

とにかく作動しない…

あーーーこれーきたーーー

と思いました。

通信・交通・電子機器・コミュニケーションなどにおいて

スムーズにいかない水星逆行。

太陽とコンジャンクション(0°)の日

まさに水星逆行に光が当たりました(笑)

12時間のフライトでモニターなしは

なかなか辛い…

CAさんに言うも直すことはできなさそう…

帰りの便だからガイドブックはしまいこんでるし、

他の本も残りのページは僅か…

結局、大部分を寝て過ごすのですが、

ひとつ‼︎

このおかげでよかったことがありました。

窓際の席だった私は

ときどき窓の外を眺めてた。

月がキレイに見える日でした。

そして

ちょうど地平線の向こうに沈もうとする、真っ赤な月を見ることができました。

その美しさと言ったら…

忘れられない一瞬になりました。

モニターで映画を観ていたら、きっと気がつかなかったこの景色。

水星逆行のプレゼントだなと嬉しく思いました。

そんな水星逆行も今週22日に終わります。

そしてちょうどこの日に

太陽は乙女座を抜け、天秤座へ。

太陽が天秤座に入る日は

秋分の日。

春分の日・夏至・冬至と同じように

1年の4分の1のターンのはじまりです。

水星の順行と太陽の天秤座入りが同日なのも面白いです。

これまで滞りがちだった調整も

自然とうまくバランスの取れる場所を見つけて

スムーズに流れていきそうな予感です。

もしくはここ最近、

ハッキリ表に出てこなかった事柄が

その姿をくっきり浮かべるようなことも

あるでしょう。

そしてその翌日

23日には金星が蠍座に入ります。

愛と美の星、金星

蠍座はどこまでも深く凝縮された世界。

大切なのは「形式」より 「実質」

たとえ一般的に正しい道とは言われなくとも

それが自分にとっての幸せなら

それも正義となりうる世界。

なんだか秘密の恋愛を想像させます。

相手に別の相手がいてもそれも厭わない!とか…

誰にも言えない2人だけの秘密とか…

これまた面白いのが

この金星にオポジョン(180°)をとるのが

牡牛座にある小惑星セレス。

セレスは大地豊穣の女神とされ、

無償の愛で命を育む

母なる象徴のような星ですが

蠍座の金星と真逆なイメージです。

この2つが真正面から向かい合って

まるでセレスが金星を見張っているみたい。

金星は牡牛座のルーラーですしね。

個人の恋愛観などにおいても

相反するふたつの感情の間で

揺れ動くようなこともあるかもしれません。

自分の中の天使と悪魔の戦いのような。

もう1人の自分が耳元で囁くような。

話はもどり、

太陽が天秤座に入ると

既に天秤座入りしている木星と

並びます。

1年に1度訪れる

太陽と木星のコンジャンクション(0°)

なんだか

明るく、心躍るイメージです。

週末から来週頭にかけて

多くの人に

嬉しい出来事が

たくさん起きますように。

それでは

よい1週間を。

image

スポンサーリンク
スポンサーリンク